弁護士紹介

代表 弁護士 森田将弘

ご挨拶

当事務所のホームページをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
私達は、依頼者の皆様にご満足いただける法的サービスをご提供するべく、専門性、人間性のいずれにおいても日々研鑽を重ね、皆様にとって気軽に相談ができる法律事務所であることを心掛けております。
今後も、常に改善を重ね、依頼者の皆様との継続的な関係を構築し、依頼者の皆様と二人三脚で共に発展し、成長する法律事務所を目指しますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

略歴

近畿大学附属和歌山高等学校卒業
大阪大学法学部卒業
司法修習60期(大阪修習)
トアロード法律事務所に勤務弁護士として入所
森田総合法律事務所を開設し、代表弁護士に就任
弁護士法人化し、代表社員に就任

弁護士 赤司恭介

ご挨拶

交通事故や相続など、一方的に巻き込まれる法的トラブルは少なくありません。

そうした突然の事態に専門家としてアドバイスを行い、あるいは、交渉や訴訟の代理人となってご希望に沿った解決へと尽力するのが弁護士の役割です。

しかし、単に事件を解決に導くだけではサービスとして不十分です。依頼者の皆様に本当にご満足いただくためには、素早い着手やわかりやすい説明、定期的な報告などにより、ご依頼から事件解決に至るまでの過程についても安心してお任せいただけることが必要と考えます。

そのため、私はこれからも弁護士としての能力の研鑽に加え、「迅速な対応」、「誠実な対応」、「丁寧な案件処理」を心掛け、皆様に依頼して良かったと思っていただける弁護士を目指したいと思います。

略歴

大阪府立市岡高等学校卒業
関西大学法学部卒業
大阪市立大学法科大学院卒業
司法修習64期(神戸修習)
間所法律事務所(広島県弁護士会所属)に勤務弁護士として入所
当法人に勤務弁護士として入所

弁護士 疋田大貴

ご挨拶

私は、大学生の時、一般市民の方に法律相談を行うことを活動内容とする、「京都大学法律相談部」というサークルに所属しておりました。その活動において、私は、相談者の方からの質問に対し、不十分な回答しかできなかったにも関わらず、相談者の方から感謝の言葉を頂くことがありました。その経験から、私は、弁護士の仕事が人の役に立つことのできるやりがいのあるものであると感じ、弁護士を目指すようになりました。また同時に、困っている相談者の方の具体的な力になる為には、プロフェッショナルとして研鑽をし続けなければならないということも身に染みて感じました。

私は、どのような案件であっても、適切な助言ができるように研鑽を続け、この先生に頼めば大丈夫と言って頂けるような弁護士になりたいと考えております。

略歴

兵庫県立北須磨高等学校卒業
京都大学法学部卒業
京都大学法科大学院卒業
司法修習68期(神戸修習)
当法人に勤務弁護士として入所

弁護士 江島加代

略歴

大分県立中津南高等学校卒業
高知大学理学部物質科学科卒業
大阪大学法科大学院卒業
司法修習68期(大阪修習)
当法人に勤務弁護士として入所

弁護士 長岡徹

ご挨拶

私は、小学生の頃から漠然と、何か人の役に立つ仕事をしたいと考えていました。次第に、世の中のルールである法律について学んでみたいと思うようになり、法学部を目指しました。実際に大学で法律を学んでみると、物事を論理的に考え、法律の解釈について意見を交わすことが、とても面白いものに感じられ、その魅力にどんどん引き込まれていきました。その後、司法試験にも何とか無事合格することができ、司法修習という実務研修の中で、弁護士の仕事を目の前で体験することができました。そこで改めて実感したことは、弁護士の仕事というのは、目の前の依頼者のために精一杯働くものだということでした。この時、私は、子供の頃の素朴な思いに改めて気づかされたような気がしました。

こうした経験を経て、私は、今弁護士として働いています。新たな依頼があるたびに興味をもって勉強を続け、学んだことを活かして依頼者の役に立つことができる弁護士の仕事というのは、私にとって最もやりがいのある仕事だと日々感じています。これからも努力を怠ることなく精進し、多くの人から頼りにされるような弁護士になりたいと考えています。

略歴

灘高等学校卒業
東京大学法学部卒業
東京大学法科大学院卒業
司法修習69期(神戸修習)
当法人に勤務弁護士として入所

ページの先頭へ